ハイヤーの仕事は女性でも可能なのか

ハイヤーの仕事は女性でも可能なのか

ハイヤーの仕事は女性でも可能なのか 運転が得意な女性の中には、ハイヤーの運転手として仕事してみたいと思っている方もいるでしょう。しかし女性でもできる仕事なのかと応募する前に躊躇してしまう方もいるかもしれません。結論から言ってしまうと、女性でもハイヤーの運転手の仕事はできます。むしろ、多くの女性が活躍しており、女性に向いている職場と言っても過言ではありません。

車を運転する仕事であるため、ドライビング技術は間違いなく必要です。同時に、土地勘もなければなりません。どれだけ運転技術に優れていたとしても、道路事情に詳しくないとなれば問題です。もし道に迷ってしまうと、お客さんが希望する時間に目的地に到着できずトラブルとなるためです。このようなスキルにプラスして、おもてなしの心も求められます。具体的には、お客さんが車内で快適に過ごせるような配慮や、周囲への心配りなどです。もちろんハイヤー会社によっては、運転技術からお客さんへの対応などまで幅広く研修を行うため、自信が無いという方であっても安心です。

女性は男性と比較して細かなところに気配りできる方が多く、このようなおもてなしへの適性を元々持っていると言われています。そのため、ハイヤー会社でも女性ドライバーの需要が高まりつつあります。女性に、より快適に仕事してもらうための設備の整備を進めている会社も見られます。例えば運転手は制服に着替えて業務を行うため、営業所には必ずロッカールームが設置されていますが、女性ドライバーが多く在籍しているハイヤー会社の場合、男女別にロッカールームを用意しています。女性専用の部屋があれば、男性の目を気にすることなく着替えたり、仕事前のちょっとした時間をリラックスして過ごしたりできるでしょう。

また、女性専用トイレを設置しているケースも見られます。男性と同じトイレを使用するのに抵抗のある女性は少なくありません。専用のトイレがあれば、安心して利用でき、お化粧直しもゆっくりできるでしょう。バリアフリーのトイレなどを用意しているところもあります。女性でドライバーの仕事をしてみたいと思っているのなら、このような働きやすい職場環境が整っているかどうかもチェックしておくといいです。

女性の場合、ライフステージの変化とともに生活環境が大きく変わります。中でも出産、育児というのは環境が一気に変わるため大きな問題です。女性は赤ちゃんが産まれると、どうしても今まで通りに仕事をこなすというのは難しくなります。そこで福利厚生がどのようになっているかを、就職する際にチェックしておきましょう。まずは産前産後と育児休業が完備されているかどうかを確認すべきです。また育児休業の終わったところで、どのようなバックアップ体制が整っているかもチェックポイントです。ハイヤー会社の中には、女性が無理なく働けるような労働システムを用意しているところもあります。

勤務スタイルも、フルタイムではなく昼間の時間帯だけ勤務して、夕方ごろには帰宅できる体制であれば働きやすいでしょう。これなら日中は子供を自分の両親や保育園に預け、夕方に引き取って夜は子供と一緒に過ごすという働き方ができます。また、1日勤務したら翌日は休養するという方式の、隔日勤務に対応しているところもあります。このペースで仕事をすれば、家事や育児との両立も可能でしょう。このようにハイヤー会社でも、女性の働きやすい環境づくりを積極的に取り入れているため、もし運転手の仕事に興味を持っているのなら、募集要項をチェックしてみてください。ライフスタイルが変わっても無理なく仕事を続けられ、キャリアアップまで叶うような職場なら、長期的にウィンウィンの関係でいられるでしょう。

トピックス