ハイヤーの運転手として就職する際の注意点

ハイヤーの運転手として勤務をしてみたいけれども、自分が果たして採用されるのかと不安になる人もいるでしょう。結論としては、運転免許を持っている人であれば、基本的に誰でも採用される可能性があります。未経験者でも異業種からの転職でも、幅広く人材を受け入れている世界だからです。

普通自動車の第一種運転免許を持っている人なら、経験不問で募集しているところも少なくありません。ハイヤーの運転手になるためには、二種運転免許が必要ですが、免許取得に関するバックアップを行っているところは多く見受けられます。オートマ限定の免許を持っている人でも運転できるようなケースがたくさんあります。

もし未経験者でハイヤーの運転手に応募しようと考えているのであれば、前もってチェックしておくべきポイントがあります。まずは研修体制が整っているかどうかです。ハイヤーの運転手は他のドライバーよりも幅広いスキルが必要です。運転技術はもちろんのこと、接客スキルも求められます。お客さんが快適に移動中過ごせるようなおもてなしの技術が要求されます。このような細かなところまで指導してくれるところであれば、安心して就業できるでしょう。

お客さんに対する受け答えの技術や、出迎えにおけるマナーなどもしっかり指導してくれるところがおすすめです。運転手として就職すれば一流ホテルや空港などで送迎をするケースも十分考えられます。その場所で違和感のないような立ち振る舞いを身につけられるかどうか、募集要項をしっかり読み込みましょう。

中にはベテランの運転手が教官として、マンツーマンの体制で指導してくれる場合もあります。実際に運転をしてもらって、教習所と同じような感じで教官に同乗してもらい、リアルタイムで注意点や修正すべきポイントを指導してもらえると仕事の内容を身につけやすくなります。どのような研修体制が整備されているのかをよく確認した上で就業先を決めると安心です。

また応募先を選定するにあたって、福利厚生がどのようになっているかも確認しておくようにしましょう。求人情報を見る際に給料は重視するけれども、福利厚生はあまり重視しないという方もいます。それでも長く恵まれた環境で仕事をしたければ、福利厚生が手厚いかどうかは大切なチェックポイントになります。社会保険が完備されていて、財形貯蓄や育児介護休業が整備されている、人間ドックが受けられるなど、従業員のことを思った制度が充実していると、安心して仕事に注力できます。